スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有責配偶者からの離婚は認められるのか・・・

よくあるケースとしては、
旦那さんに愛人が出来て、
奥さんに別れてくれ・・・と持ちかけるケースです。

愛人が出来てしまい、夫婦仲がさめているのに婚姻関係を
続けても仕方が無いと思われるかもしれませんが、

基本的に日本の社会では
婚姻関係を続けることを重視しています。

協議離婚(お互いのみの話し合いで離婚を決める)
でであれば理由は何でもかまいませんが、

裁判に持ち込まれた場合

・別居がもう長年続いているとか
・子供がいない

といった条件が無いと離婚が認められません。

ワタシ離婚しないわよと言われてしまえば
有責配偶者からの離婚は成立しないというわけです。

逆に婚姻関係の平和を乱したとして
妻が愛人に慰謝料請求することが可能です。
(愛人が不倫と知っててつきあっていた場合で、時効3年)

とにかく婚姻関係の継続については日本の民法では
守られているというのが原状です。





むつみ行政書士事務所

行政書士 大竹むつみ

電話番号0120-623-090
ファックス048-591-2273

メールMLA29182@nifty.com

メール・ファックス相談
初回無料!

まずはお問い合わせ!





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

検索フォーム
プロフィール

ムッチィー

Author:ムッチィー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
amazonおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。