スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご飯を大盛にするオバチャンの店は必ず繁盛する。(著)島田紳助

サイドビジネスでも有名な島田紳助が送る経営論
既存のビジネスモデルは失敗例と語る。
飲食業をやっている方は特にためになる話があると思う。

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書)ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書)
(2007/05)
島田 紳助

商品詳細を見る
お笑いで成功するのが難しいように、ビジネスで成功するのも難しい。島田紳助は副業で一度も失敗したことがないという。石垣島の喫茶店。広島のお好み焼き屋、寿司はせ川、どれも評判のお店となっている。この成功には彼の合理的でいて素人ならではの常識にとらわれない発想が隠されている。読むと納得させられる事が多いが、合理的な話だけではなく、最後は人間力、お腹を空かしてそうな学生に大盛にしてあげるオバチャンの気持ちを買って、リピーターになるという顧客の視点から経営を考える筆者の暖かさもうかがえる内容となっている。
スポンサーサイト

島田紳助 自己プロディース力

島田紳助がNSCで講演したものを本におこした作品である。
紳助流の生きるためのヒントがたくさんつまった本で
3時間くらいで読める内容となっている。

自己プロデュース力自己プロデュース力
(2009/09/01)
島田 紳助

商品詳細を見る
才能5×努力5=25点を満点とすると、才能がないのに努力をしてもダメだし、せっかく才能があっても努力をしないとこれもダメである。
ここで重要なのは5努力出来る奴は、お笑いはダメでも、別のもので成功出来ると可能性が高いと言っている。
M1は、スターを作るためではなく、努力は5だけど、才能がない芸人にあきらめさせる場を与えたと言う。
また、自身の分析により生き残っていけるお笑い芸人理論を展開する。
X+Y理論だ。Xは自分の能力Yは世の中の流れ、これがばっちりはまったときに売れるというワケだ。売れ続けるためには自分を変えないといけない。
変えない人間は一発屋と呼ばれる。
その他独自の経営論などためになる情報満載だ。お笑いを目指している人でなくても全然ためになる本でオススメです。
検索フォーム
プロフィール

ムッチィー

Author:ムッチィー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
amazonおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。